♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



電気代を60%も安くする裏技

毎晩残業や接待などで、夜遅くまで働き、午後10時を過ぎるまで仕事をして帰宅する一人暮らしのサラリーマンの方なら、電気料金の格安にする裏技があります。使用していない家電製品のコンセントを抜いて待機電力を節電しようなどというヤワものではありません。
まず、毎月の電気料金表をみて下さい。おそらく、契約は一般的な「従量電灯料金」となっているはずです。この契約を「夜間電力料金」に変えてしまうのです。
なぜなら電力会社は、送電を効率的にするため時間帯によって、電気料金を変えています。「従量電灯料金」は使用する時間帯に、関係なく一定料金となっています。しかし、これを夜間限定の使用の「夜間電力料金」にすれば、格段に電気料金は安くなるのです。
例をあげてみると、東京電力の場合、「おトクなナイト10」というプランがあり、このプランで契約すれば午後10時から、翌朝の8時までの電話料金を、一般的な「従量電灯料金」に比べ、なんと60%も安くすることができるのだ。仮に1カ月の電気代が、1万円ならそこから基本料金を引いた残りの電気代がが、なんと60%引きになるのだ。これならかなりお得になることは間違いない。ただしこの契約で注意しなければならないのは、昼間は40%割高になるので、休日の昼間に電気を使うときには注意しなければならない。
まぁおそらく一人暮らしのサラリーマンなら、休日の昼間は寝ているか、友人と遊びに出るかのどちらかであろうからあまり心配はないかもしれませんが。

住宅ローンのお得な返済方法

住宅ローン控除や住宅ローン減税など、何かと気を使う住宅ローン。それもそのはず、住宅ローンの返済期間は20年30年はざらで、当然住宅ローンの返済期間が長くなるほど、住宅ローンの利息も多くなる。たとえば2500万円を利息3.5%で借り入れ35年の住宅ローンを組んだ場合、住宅ローンの総支払金額は4400万円以上。実に1900万円以上の利息がついてしまう。住宅ローンでお金を借りた以上、利息は仕方がないが実に無駄な出費だ。
どうすれば、この住宅ローンの無駄な出費を抑えられるだろうか?
この住宅ローンの無駄な出費を少しでも抑える方法は、繰り上げ返済である。この繰り上げ返済を使って、住宅ローンにある程度まとまった額を返済すれば、当然住宅ローンの利息も、一気に減らすことができる。
たとえば住宅ローンを借り入れてから1年後に、月々のローンとは別に、100万円を返済した場合、住宅ローンの全返済期間は2年6カ月縮まり、これにより住宅ローンの利息を210万円も減らすことができる。住宅ローンを繰り上げ返済した金額は、、元金返済に充てられるため元金100万円分の利息を払わずに済む。
ただしすべての住宅ローンが繰り上げ返済できるというわけでもない。ゆえに住宅ローンを借りるときには、繰り上げ返済のシステムなどどうなってるかもよくよく検討したほうがよい。
親の遺産や保険の満期、可能性は低いが宝くじで大金を手にした場合などは、住宅ローンの繰り上げ返済に回す方が良い。現在のように低金利な時代では、例えば100万円を銀行に預けたところで、年間の利息はたったの2、3円。それを考えれば住宅ローンの繰り上げ返済で、上記のように住宅ローンを210万円を減らす方が賢いやりかただといえる。

健康保険の賢い使い方

サラリーマンが会社を辞める時、行なわなくてはならない手続きの一つに健康保険がある。すでに転職先が決まっている場合には不要だがそうでない場合には、まず健康保険に加入しなければならない。
というのも、退職と同時に会社の健康保険が使えなくなるからである。このときの選択肢には二つあり、これまで通り会社の健康保険に継続して入ること。もう一つは、国民健康保険に入ることである。いずれも診察料の3割の自己負担になる。さてどちらを選べば良いのだろうか?
まず今までと同様に会社の健康保険に入るとすれば、任意継続被保険者扱いということになり、以前まで払っていた保険料の2倍を納めることになる。というのも今までは会社がその半分を負担し、払ってくれていたためである。しかしそうなると、保険料がかなりの金額になる場合があるので、任意継続被保険者には支払い限度額が設けられている。たとえば40歳未満なら、毎月2万2960円以上の支払いは免除となっている。
次に国民健康保険だが、この場合全国の各市町村でそれぞれの保険料は違う。収入が多い場合は月額3万円以上を収めるケースも出てくる。
いずれにせよ健康保険も、収入があれば保険料の支払いに困ることはないるしかしそうも、いっていられない場合もある。次の就職先がなかなか見つからなかったり、事業を始めるまでの準備期間で収入がないということも。こんな時はどうすればよいのだろうか?
そういった場合には、被保険者の扶養家族になってしまうという方法がある。共稼ぎの家庭なら妻の扶養家族になればよいし、独身なら親の扶養になってしまうのだ。自分の年収が130万円未満であれば、被扶養者として扱われるため、1円も保険料支払うことなく健康保険証を手にすることができる。

ハローワークの裏技!?

最近は、資格を習得してキャリアアップを目指しているビジネスマンが多くなってきています。しかし、この資格習得のための金額はは、1コースで数万円ぐらいかかるそうでこれがネックになっている人も多いんではないでしょうか。ところがこの受講料を格安にする裏技があります。ズバリ、ハローワークを使うのです。皆さんはハローワークと聞けば、再就職や失業手当のイメージが強いと思いますが、実はここに、就業者も利用できる裏技?があるのです。実は、教育訓練給付制度というものがあり、これは雇用の安定を図ることを目的として作られています。公正労働大臣が指定している講座を受講して、一定の条件を満たすと、なんとハローワークが受講料の20〜40%くらいの負担してくれる制度があるのです。原則的に就業者の場合は雇用保険に最低3年以上入っていれば、誰でも対象になります。このことから就業して4年目くらいになれば、例えば英会話のセミナーなどにいけば英会話のできる社員として認められ、仕事上プラスになるはずです。この英会話のセミナー入学料はだいたい2万円くらい。受講料は、19万円前後合計で約21万円くらいになります。この制度を知らなければ21万円は、すべて自己負担になりますが、教育訓練給付制度を利用すると雇用保険の加入3年以上5年未満なら、受講料の2割を支給してくれます。これにより自己負担は16万8000円になり、残りの4万2千円はハローワークが負担してくれるのです。ただしこの制度の負担限度額は10万円までになっています。ぜひこの教育訓練給付制度を利用して、キャリアアップを図りましょう。

なぜ今はしかが大流行しているのか?

最近全国的に麻疹(はしか)が流行している。ふつう、患者の大半は、乳幼児がほとんどだ。しかし今年は、一部大学などが休校になるほど十代や成人の集団発生が増えている。
麻疹(はしか)は普通春を中心に流行する。原因は、麻疹(はしか)ウイルスで非常に感染力が強く、せきやくしゃみから簡単に感染する。
感染後、10日から12日の潜伏期間をおいて、38度前後の発熱が、ありだるさや、せき、くしゃみ、目の充血などの症状が出る。乳幼児では、下痢や腹痛が多い。その後、39.5℃以上の熱が3〜4日続き、麻疹(はしか)特有の赤い発疹が全身に広がる。さらに重症化して肺炎、脳炎など、合併することもある。
普通乳幼児が、かかる病気だが、今年は、10代以上の若者の発症が非常に多い。その原因として、ワクチンの未接種があげられる。
麻疹(はしか)ワクチンは、1966年に接種が始まり、1978年からは定期予防接種として実施されてきた。しかし、1989年から、導入された。3種混合ワクチンで、おたふくかぜワクチンの副作用が問題になり、1993年に3種混合ワクチンが中止された。このために中止直後に生まれた今の若い世代ではワクチンの未接種の人が多い。このため今年の麻疹(はしか)の大流行が発生したのだ。
また、これまでは麻疹(はしか)の発生が減っていたために、一度ワクチンを摂取してもウィルスに触れず、そのために免疫が弱まり10代以降になって麻疹(はしか)になる例も増えていると言われている。
国立感染症研究所は、ワクチン未接種で過去に麻疹(はしか)にかかったことがない人は、ワクチンの接種を受けるようにしてくださいと警告している。

ハネムーンまひについて

ハネムーンまひ」(ハネムーン・パルスィー)をご存じでしょうか。
 正座による足のしびれは、膝の外側を走行している腓骨神経という神経が圧迫・刺激されて起こります。一方、ハネムーンまひの場合は、新婚旅行中に新郎が花嫁を長時間腕枕して、上腕の撓骨神経が圧迫されて起こります。
ハネムーンまひでは、しびれが数日〜数週間続く重症例もあり、病院などで受診します。こうしたケースは日本人より欧米人の新婚旅行で多いといわれます。ハネムーンまひは特別な病気ではなく、一過性で、通常は時間が経つと自然に消えてしまいます。しかし、ハネムーンまひに限らず足や腕のしびれのなかには何らかの病気によって起こるものも多く、注意する必要があります。
病的なしびれの代表は椎間板ヘルニアによるもので、椎間板の障害で座骨神経が刺激され、激しい腰痛と下肢の神経痛・しびれが起こります。高齢者では頸椎症もよくみられます。この場合は頸椎関節部が老化・変性して脊髄の神経の出口が刺激され、手のしびれが起こります。
手や腕のしびれはキーパンチャーなどでもよくみられますが、こちらは仕事の労作で腕神経叢が鎖骨の下で圧迫されて起こるもので、胸隔出口症候群などと呼ばれます。
その他、末梢神経の炎症で起こるしびれ(糖尿病性神経障害など)や、神経中枢の障害によるしびれ(脳血管障害後遺症など)、手足の血行不良によるしびれ(レイノー病など)などもあります。
 また、冷え症でもしびれを伴うことがありますが、この場合は自律神経系の影響や末梢の血液循環の影響などが絡んでいるものと思われます。
いずれにせよ、しびれは本人の自覚的な感覚症状であり、主観的な要素もかなり含まれます。そのためなかなか原因がつかめないこともあります。
また、ハネムーンまひの治療方法はビタミンB12を摂取する以外にないそうです。
しびれやまひがある場合は、まずは医師の診察を受けましょう。
また、無料で診断できるサイトもあるようです。

クレジットカードの裏技

2006年現在、日本国内におけるクレジットカードの発行枚数は、年間約2億7000万枚と言われており、これを単純計算すると日本国内で、赤ちゃんからお年寄りまで平均2枚以上のクレジットカードを持っているという計算になる。
クレジットカードは、現金を持ち歩かずにすみ、買い物や食事をしても領収書にサインするだけで、お金を支払うことができるため非常に便利である。しかしその反面現金を直接目にしないことから、ついついお金を使い過ぎてしまったり、またカードを紛失したり、最悪の場合は、データをぬきとられるということもある。しかも、年会費がかかるカードを多く持っていれば無駄なお金を使ってしまうことも多い。
このことから、本当に必要なカードだけを残し、後はすべて解約してしまう方が得策である。こうすれば、ほとんど利用しないカードの年会費を無駄に払わずに済むし、使うカードを絞り込めポイントなども貯めることができる。
残すクレジットカードの条件として、まず年会費が無料のカード。次に、日常よく使っているクレジットカードならポイント還元率をチェックすること
このポイント還元率と言うのは、利用金額に対する割戻し率のことであり、このポイント還元率が1%なら、千円で10円分がポイントとして加算されこのポイントがある程度たまってくると、商品券などに交換できる。
たとえばクレジットカードのポイント還元率が、0.2%、年会費無料のクレジットカードと、ポイント還元率が、0.5%。年会費が2000円のクレジットカードを比べると、年間100万円を使った場合、還元率0.2%のクレジットカードだと2000円分が、ポイントとして、加算されるが、0.5%になると5000円分がポイントとして加算される。そこから年会費の2000円を差し引いても、3000円が戻ってくることになる。このことから考えて、一概にクレジットカードの年会費がかかるといっても、利用金額によってはお得になる場合もある。
つまりクレジットカードは、その内容をよく知り上手にポイントなどを止めるのが賢い選び方といえる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。