♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



大瓶ビールはなぜちゅ〜と半端な633?

ビールの大瓶は、なぜ633mlという中途半端な量なのか。これは1940年に導入された酒税法によるものである。それまでは、ビール醸造会社ごとにみんな違っていたそうだ。しかし、これをきっかけに内容量を一定にしたんだ。その結果、この中途半端な633ってゆう数字になった。しかも、当時のいちばん量の少ない瓶に、量を合わせているのだ。当時の最大量は、643ml、最少量は、633ml、この最も少ない量が、現在まで、踏襲されている。ちなみに、居酒屋などで、瓶ビールを注文すると、ほとんどが、中瓶で500ml入りです。この中瓶は、1957年に、タカラビールが、当時の大瓶より、20円安く販売するために考案したものです。タカラビールは、現在はありませんが、他社によって使われ続け、今や飲み屋での主流のサイズとなっています。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。