♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



インスタントラーメンは、なぜ3分間待つのか?

ほとんどのインスタントラーメンの待ち時間が3分となっている。しかし技術的には、もっと短くすることも可能である。現にすべてのインスタントラーメンの元祖ともなる1958年に、販売されたチキンラーメンの待ち時間は、2分となっていたのだ。じゃあなぜわざわざ3分にしたのか?
これは、1971年に発売され大ヒットし現在も販売されている「カップヌードル」によるものである。また、この待ち時間の背景には人間心理も考慮されているという。技術的には、1分で食べられるインスタントラーメンを作ることも可能であるが、過去にそのようなラーメンが販売されたが、不評で販売が中止になった。味が悪かったためとされているがどうもそれだけではなく、待ち時間が短いためだったと言われている。3分間という時間は、短すぎる長すぎずさあ食べよう!という気持ちにさせる時間のようだ。ちなみに海外への輸出の製品は、国内向けの麺の長さの40センチに比べて半分の20センチになっている。これは麺の食べ方と箸とフォークの差によるものである。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。