♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



ドラえもんの作り方?

ある地方の言い伝えによると、「猫にアワビを食べさせると耳がもげる」という。これを実際に試した大学の先生がいました。実験してみると、本当に猫の耳は、先端から腐り始め、言い伝えの通りにもげてしまい、ドラえもんの様になりました。なぜ猫の耳がモデルかというと、アワビのはらわたの中にある。フェオフォバイドという物質が原因のようです。これは、アワビが食べた海藻類の未消化物で、葉緑素が分解されてできるものです。この物質はそのままではほとんど無害な物質なのですが、日光に当たると変化し非常に強い毒を生成します。これがもとで、猫の耳の様に、毛が薄く、皮膚も薄い場所ではその影響を受けてしまうのです。人間も同様にこの毒の影響を受けてしまいます。そして、猫と同様に光に当たった皮膚は、ひどい炎症を起こしてしまう場合もあるそうです。ただしこのアワビの毒は、食べてから6時間ぐらいで無害な物質に変化しますので、あまり心配する必要はありません。くれぐれも、これをまねて猫に実験しないでください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。