♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



コンセントは、なぜ左側の穴が大きい?

電気コンセントの差し込み口をよく見てみると、左側の方がわずかに大きいことに気がつきます。これはなぜでしょう。
送電線で送られてくる電気は、家庭内に入る直前まで6600ボルトもの高電圧になっており、送電の効率を上げています。しかし、この高電圧では家庭内で使うには大きすぎるので、電柱の上などでよく見かける。柱上変圧器という機械で100ボルトまで下げて、送られてきます。もし、変圧されず、そのまま家庭に電気が送られれば、家電製品の漏電や故障による火事などで、大きな被害が出てしまいます。このようなことを防ぐために、家庭用電線をアースしているのです。アースはそう大きいものではなく、差し込み口を広げるほどのものでもありません。いわば、目印的なものです。これを電力会社などに問い合わせてみると、「昔からの習慣なのでよくわかりません」との回答がかえってきました。最近に、建設されたマンションなどでは、この目印がついていないこともよくありますが、必ずアースはされているので心配はないとのこと。
ご安心ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。