♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



もしも、エレベーターに乗っているときにワイヤーが切れたら?

ワイヤーの切断などで、何かと話題となっているシンドラー社ですが、もし実際にあなたがエレベーターに乗っている時に、ワイヤーが切断したらどうなのでしょうか。過去にヒットした映画「スピード」に、危機一髪で、ヒロインを助けた瞬間にエレベーターが急速落下していくというものもありました実際にはどうなのでしょう。
ご安心ください。メーカーに問い合わせたところ、「現在のエレベーターは、厳重な安全対策が施されているため、まずこのようなことはあり得ません。」とのこと。
エレベーターのワイヤーは、建築基準法により、カゴの重さ+最大積載量の10倍もの重さに耐えるような設計にしてあるそうです。これだけでも、安全性には十分と思われますがもしも、そのワイヤーが切れたときには・・・・
これも心配はいりません。エレベーターのカゴが、規定の速度の4割を超えると自動的にブレーキがかかります。さらに、このブレーキは、停電にも備えバネで作動するようになっています。
つまり、最大積載量を10倍超えてワイヤーが切れてしまい、しかも同時に停電となってこの世の終わりとも思える状態でも、エレベーターは落ちないようになっています。ご安心ください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。