♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



体温計のメモリは、なぜ42℃までなのか

世の中の体温計を全て探してみても、43℃や44℃の目盛がついたものは一切ありません。これは何故でしょう。
人間が平熱はだいたい36℃ですが、風邪などをひいて、体温が37℃を超えると体がだるくて、疲労を感じてきます。38℃を超えるとほとんどの人はめまいやだるさを感じ、39℃になるとほとんどといっていいほどの人が、起き上がることすらできなくなります。人それぞれの違いはあっても、人間にとっては体温が1度上昇するということは、かなりのダメージを受けることになります。
また、人間が生きていける上限の体温は42℃なのです。よって43℃なると命はありません。
では何故、42℃が生存の限界なのでしょうか。
これはタンパク質の変質ということに関係があります。タンパク質は性質上、42℃で固まってしまいます。当然、42℃の以上の体温になれば人間の体の中にあるたんぱく質も、ゆで卵の様に固まってしまいます。そして一度固まってしまったたんぱく質は再び元の状態に戻ることはありません。これにより、体温計の目盛りは、42℃を上限としているのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。