♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



動物病院の診察料の違い?

毎晩遅くまで仕事をし、へとへとになって疲れて帰って来たとき、妻や子供はぐっすり寝てても必ずといっていいほど玄関まで嬉しそうな顔してしっぽを振って出迎えてくれる愛犬がもし、何かの弾みでけがをしてしまったら慌てて近くの動物病院に運んでいくのは当然だろう。
しかしこの動物病院、よくよく調べてから診察を受けないと、非常に高額な診療代を請求されることもある。
日本獣医師会に問い合わせてみると、全国の動物病院の手術料は1万円未満から10万円程度と、相当の開きがある。注射の料金も1回500円未満から4000円までと大きく差がある。さらに入院料も同じように、1日1000円未満から、8000円以上とこれまた大きく差がある。このことから、仮に愛犬が手術を受けて1週間ほど入院した場合、治療によっては十数万円請求されてしまうこともある。
ではなぜ、診療料金にこれほどの大きなさが出るのだろうか。
その理由の一つとして、独占禁止法で、診療費を全国統一の料金にすることを禁じられていることがあげられる。簡単に言えば、獣医は人間の医師と違い診察料を自由に設定できるということである。
しかしそれにしても、診察料金は病院によって大きすぎる。また、腕のいい獣医よほど高価格に設定しているのではないかと思うかも。しかし実際は、高額な診療料金の中には、医療設備に投資している費用も入っているのだ。
実際、最近の動物病院を見てみると、レントゲンやCTスキャナー、エコーなど高額の設備が整っている。つまり、設備が充実しているため、愛犬などが手の込んだ診察を受けられるのは間違いない。しかしその反面、最新の医療機器をフル活用することにより、過剰に診察料を払わなければならないこともある。
このようなことを防ぐためにも、事前に口コミやペットショップなどに紹介してもらうなどよくよく検討しておくのがよさそうである。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。