♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



クレジットカードの裏技

2006年現在、日本国内におけるクレジットカードの発行枚数は、年間約2億7000万枚と言われており、これを単純計算すると日本国内で、赤ちゃんからお年寄りまで平均2枚以上のクレジットカードを持っているという計算になる。
クレジットカードは、現金を持ち歩かずにすみ、買い物や食事をしても領収書にサインするだけで、お金を支払うことができるため非常に便利である。しかしその反面現金を直接目にしないことから、ついついお金を使い過ぎてしまったり、またカードを紛失したり、最悪の場合は、データをぬきとられるということもある。しかも、年会費がかかるカードを多く持っていれば無駄なお金を使ってしまうことも多い。
このことから、本当に必要なカードだけを残し、後はすべて解約してしまう方が得策である。こうすれば、ほとんど利用しないカードの年会費を無駄に払わずに済むし、使うカードを絞り込めポイントなども貯めることができる。
残すクレジットカードの条件として、まず年会費が無料のカード。次に、日常よく使っているクレジットカードならポイント還元率をチェックすること
このポイント還元率と言うのは、利用金額に対する割戻し率のことであり、このポイント還元率が1%なら、千円で10円分がポイントとして加算されこのポイントがある程度たまってくると、商品券などに交換できる。
たとえばクレジットカードのポイント還元率が、0.2%、年会費無料のクレジットカードと、ポイント還元率が、0.5%。年会費が2000円のクレジットカードを比べると、年間100万円を使った場合、還元率0.2%のクレジットカードだと2000円分が、ポイントとして、加算されるが、0.5%になると5000円分がポイントとして加算される。そこから年会費の2000円を差し引いても、3000円が戻ってくることになる。このことから考えて、一概にクレジットカードの年会費がかかるといっても、利用金額によってはお得になる場合もある。
つまりクレジットカードは、その内容をよく知り上手にポイントなどを止めるのが賢い選び方といえる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。