♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



ハネムーンまひについて

ハネムーンまひ」(ハネムーン・パルスィー)をご存じでしょうか。
 正座による足のしびれは、膝の外側を走行している腓骨神経という神経が圧迫・刺激されて起こります。一方、ハネムーンまひの場合は、新婚旅行中に新郎が花嫁を長時間腕枕して、上腕の撓骨神経が圧迫されて起こります。
ハネムーンまひでは、しびれが数日〜数週間続く重症例もあり、病院などで受診します。こうしたケースは日本人より欧米人の新婚旅行で多いといわれます。ハネムーンまひは特別な病気ではなく、一過性で、通常は時間が経つと自然に消えてしまいます。しかし、ハネムーンまひに限らず足や腕のしびれのなかには何らかの病気によって起こるものも多く、注意する必要があります。
病的なしびれの代表は椎間板ヘルニアによるもので、椎間板の障害で座骨神経が刺激され、激しい腰痛と下肢の神経痛・しびれが起こります。高齢者では頸椎症もよくみられます。この場合は頸椎関節部が老化・変性して脊髄の神経の出口が刺激され、手のしびれが起こります。
手や腕のしびれはキーパンチャーなどでもよくみられますが、こちらは仕事の労作で腕神経叢が鎖骨の下で圧迫されて起こるもので、胸隔出口症候群などと呼ばれます。
その他、末梢神経の炎症で起こるしびれ(糖尿病性神経障害など)や、神経中枢の障害によるしびれ(脳血管障害後遺症など)、手足の血行不良によるしびれ(レイノー病など)などもあります。
 また、冷え症でもしびれを伴うことがありますが、この場合は自律神経系の影響や末梢の血液循環の影響などが絡んでいるものと思われます。
いずれにせよ、しびれは本人の自覚的な感覚症状であり、主観的な要素もかなり含まれます。そのためなかなか原因がつかめないこともあります。
また、ハネムーンまひの治療方法はビタミンB12を摂取する以外にないそうです。
しびれやまひがある場合は、まずは医師の診察を受けましょう。
また、無料で診断できるサイトもあるようです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。