♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



なぜ今はしかが大流行しているのか?

最近全国的に麻疹(はしか)が流行している。ふつう、患者の大半は、乳幼児がほとんどだ。しかし今年は、一部大学などが休校になるほど十代や成人の集団発生が増えている。
麻疹(はしか)は普通春を中心に流行する。原因は、麻疹(はしか)ウイルスで非常に感染力が強く、せきやくしゃみから簡単に感染する。
感染後、10日から12日の潜伏期間をおいて、38度前後の発熱が、ありだるさや、せき、くしゃみ、目の充血などの症状が出る。乳幼児では、下痢や腹痛が多い。その後、39.5℃以上の熱が3〜4日続き、麻疹(はしか)特有の赤い発疹が全身に広がる。さらに重症化して肺炎、脳炎など、合併することもある。
普通乳幼児が、かかる病気だが、今年は、10代以上の若者の発症が非常に多い。その原因として、ワクチンの未接種があげられる。
麻疹(はしか)ワクチンは、1966年に接種が始まり、1978年からは定期予防接種として実施されてきた。しかし、1989年から、導入された。3種混合ワクチンで、おたふくかぜワクチンの副作用が問題になり、1993年に3種混合ワクチンが中止された。このために中止直後に生まれた今の若い世代ではワクチンの未接種の人が多い。このため今年の麻疹(はしか)の大流行が発生したのだ。
また、これまでは麻疹(はしか)の発生が減っていたために、一度ワクチンを摂取してもウィルスに触れず、そのために免疫が弱まり10代以降になって麻疹(はしか)になる例も増えていると言われている。
国立感染症研究所は、ワクチン未接種で過去に麻疹(はしか)にかかったことがない人は、ワクチンの接種を受けるようにしてくださいと警告している。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。