♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



健康保険の賢い使い方

サラリーマンが会社を辞める時、行なわなくてはならない手続きの一つに健康保険がある。すでに転職先が決まっている場合には不要だがそうでない場合には、まず健康保険に加入しなければならない。
というのも、退職と同時に会社の健康保険が使えなくなるからである。このときの選択肢には二つあり、これまで通り会社の健康保険に継続して入ること。もう一つは、国民健康保険に入ることである。いずれも診察料の3割の自己負担になる。さてどちらを選べば良いのだろうか?
まず今までと同様に会社の健康保険に入るとすれば、任意継続被保険者扱いということになり、以前まで払っていた保険料の2倍を納めることになる。というのも今までは会社がその半分を負担し、払ってくれていたためである。しかしそうなると、保険料がかなりの金額になる場合があるので、任意継続被保険者には支払い限度額が設けられている。たとえば40歳未満なら、毎月2万2960円以上の支払いは免除となっている。
次に国民健康保険だが、この場合全国の各市町村でそれぞれの保険料は違う。収入が多い場合は月額3万円以上を収めるケースも出てくる。
いずれにせよ健康保険も、収入があれば保険料の支払いに困ることはないるしかしそうも、いっていられない場合もある。次の就職先がなかなか見つからなかったり、事業を始めるまでの準備期間で収入がないということも。こんな時はどうすればよいのだろうか?
そういった場合には、被保険者の扶養家族になってしまうという方法がある。共稼ぎの家庭なら妻の扶養家族になればよいし、独身なら親の扶養になってしまうのだ。自分の年収が130万円未満であれば、被扶養者として扱われるため、1円も保険料支払うことなく健康保険証を手にすることができる。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。