♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



住宅ローンのお得な返済方法

住宅ローン控除や住宅ローン減税など、何かと気を使う住宅ローン。それもそのはず、住宅ローンの返済期間は20年30年はざらで、当然住宅ローンの返済期間が長くなるほど、住宅ローンの利息も多くなる。たとえば2500万円を利息3.5%で借り入れ35年の住宅ローンを組んだ場合、住宅ローンの総支払金額は4400万円以上。実に1900万円以上の利息がついてしまう。住宅ローンでお金を借りた以上、利息は仕方がないが実に無駄な出費だ。
どうすれば、この住宅ローンの無駄な出費を抑えられるだろうか?
この住宅ローンの無駄な出費を少しでも抑える方法は、繰り上げ返済である。この繰り上げ返済を使って、住宅ローンにある程度まとまった額を返済すれば、当然住宅ローンの利息も、一気に減らすことができる。
たとえば住宅ローンを借り入れてから1年後に、月々のローンとは別に、100万円を返済した場合、住宅ローンの全返済期間は2年6カ月縮まり、これにより住宅ローンの利息を210万円も減らすことができる。住宅ローンを繰り上げ返済した金額は、、元金返済に充てられるため元金100万円分の利息を払わずに済む。
ただしすべての住宅ローンが繰り上げ返済できるというわけでもない。ゆえに住宅ローンを借りるときには、繰り上げ返済のシステムなどどうなってるかもよくよく検討したほうがよい。
親の遺産や保険の満期、可能性は低いが宝くじで大金を手にした場合などは、住宅ローンの繰り上げ返済に回す方が良い。現在のように低金利な時代では、例えば100万円を銀行に預けたところで、年間の利息はたったの2、3円。それを考えれば住宅ローンの繰り上げ返済で、上記のように住宅ローンを210万円を減らす方が賢いやりかただといえる。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。