♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



電気代を60%も安くする裏技

毎晩残業や接待などで、夜遅くまで働き、午後10時を過ぎるまで仕事をして帰宅する一人暮らしのサラリーマンの方なら、電気料金の格安にする裏技があります。使用していない家電製品のコンセントを抜いて待機電力を節電しようなどというヤワものではありません。
まず、毎月の電気料金表をみて下さい。おそらく、契約は一般的な「従量電灯料金」となっているはずです。この契約を「夜間電力料金」に変えてしまうのです。
なぜなら電力会社は、送電を効率的にするため時間帯によって、電気料金を変えています。「従量電灯料金」は使用する時間帯に、関係なく一定料金となっています。しかし、これを夜間限定の使用の「夜間電力料金」にすれば、格段に電気料金は安くなるのです。
例をあげてみると、東京電力の場合、「おトクなナイト10」というプランがあり、このプランで契約すれば午後10時から、翌朝の8時までの電話料金を、一般的な「従量電灯料金」に比べ、なんと60%も安くすることができるのだ。仮に1カ月の電気代が、1万円ならそこから基本料金を引いた残りの電気代がが、なんと60%引きになるのだ。これならかなりお得になることは間違いない。ただしこの契約で注意しなければならないのは、昼間は40%割高になるので、休日の昼間に電気を使うときには注意しなければならない。
まぁおそらく一人暮らしのサラリーマンなら、休日の昼間は寝ているか、友人と遊びに出るかのどちらかであろうからあまり心配はないかもしれませんが。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。