♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



ハローワークの裏技!?

最近は、資格を習得してキャリアアップを目指しているビジネスマンが多くなってきています。しかし、この資格習得のための金額はは、1コースで数万円ぐらいかかるそうでこれがネックになっている人も多いんではないでしょうか。ところがこの受講料を格安にする裏技があります。ズバリ、ハローワークを使うのです。皆さんはハローワークと聞けば、再就職や失業手当のイメージが強いと思いますが、実はここに、就業者も利用できる裏技?があるのです。実は、教育訓練給付制度というものがあり、これは雇用の安定を図ることを目的として作られています。公正労働大臣が指定している講座を受講して、一定の条件を満たすと、なんとハローワークが受講料の20〜40%くらいの負担してくれる制度があるのです。原則的に就業者の場合は雇用保険に最低3年以上入っていれば、誰でも対象になります。このことから就業して4年目くらいになれば、例えば英会話のセミナーなどにいけば英会話のできる社員として認められ、仕事上プラスになるはずです。この英会話のセミナー入学料はだいたい2万円くらい。受講料は、19万円前後合計で約21万円くらいになります。この制度を知らなければ21万円は、すべて自己負担になりますが、教育訓練給付制度を利用すると雇用保険の加入3年以上5年未満なら、受講料の2割を支給してくれます。これにより自己負担は16万8000円になり、残りの4万2千円はハローワークが負担してくれるのです。ただしこの制度の負担限度額は10万円までになっています。ぜひこの教育訓練給付制度を利用して、キャリアアップを図りましょう。

なぜ今はしかが大流行しているのか?

最近全国的に麻疹(はしか)が流行している。ふつう、患者の大半は、乳幼児がほとんどだ。しかし今年は、一部大学などが休校になるほど十代や成人の集団発生が増えている。
麻疹(はしか)は普通春を中心に流行する。原因は、麻疹(はしか)ウイルスで非常に感染力が強く、せきやくしゃみから簡単に感染する。
感染後、10日から12日の潜伏期間をおいて、38度前後の発熱が、ありだるさや、せき、くしゃみ、目の充血などの症状が出る。乳幼児では、下痢や腹痛が多い。その後、39.5℃以上の熱が3〜4日続き、麻疹(はしか)特有の赤い発疹が全身に広がる。さらに重症化して肺炎、脳炎など、合併することもある。
普通乳幼児が、かかる病気だが、今年は、10代以上の若者の発症が非常に多い。その原因として、ワクチンの未接種があげられる。
麻疹(はしか)ワクチンは、1966年に接種が始まり、1978年からは定期予防接種として実施されてきた。しかし、1989年から、導入された。3種混合ワクチンで、おたふくかぜワクチンの副作用が問題になり、1993年に3種混合ワクチンが中止された。このために中止直後に生まれた今の若い世代ではワクチンの未接種の人が多い。このため今年の麻疹(はしか)の大流行が発生したのだ。
また、これまでは麻疹(はしか)の発生が減っていたために、一度ワクチンを摂取してもウィルスに触れず、そのために免疫が弱まり10代以降になって麻疹(はしか)になる例も増えていると言われている。
国立感染症研究所は、ワクチン未接種で過去に麻疹(はしか)にかかったことがない人は、ワクチンの接種を受けるようにしてくださいと警告している。

ハネムーンまひについて

ハネムーンまひ」(ハネムーン・パルスィー)をご存じでしょうか。
 正座による足のしびれは、膝の外側を走行している腓骨神経という神経が圧迫・刺激されて起こります。一方、ハネムーンまひの場合は、新婚旅行中に新郎が花嫁を長時間腕枕して、上腕の撓骨神経が圧迫されて起こります。
ハネムーンまひでは、しびれが数日〜数週間続く重症例もあり、病院などで受診します。こうしたケースは日本人より欧米人の新婚旅行で多いといわれます。ハネムーンまひは特別な病気ではなく、一過性で、通常は時間が経つと自然に消えてしまいます。しかし、ハネムーンまひに限らず足や腕のしびれのなかには何らかの病気によって起こるものも多く、注意する必要があります。
病的なしびれの代表は椎間板ヘルニアによるもので、椎間板の障害で座骨神経が刺激され、激しい腰痛と下肢の神経痛・しびれが起こります。高齢者では頸椎症もよくみられます。この場合は頸椎関節部が老化・変性して脊髄の神経の出口が刺激され、手のしびれが起こります。
手や腕のしびれはキーパンチャーなどでもよくみられますが、こちらは仕事の労作で腕神経叢が鎖骨の下で圧迫されて起こるもので、胸隔出口症候群などと呼ばれます。
その他、末梢神経の炎症で起こるしびれ(糖尿病性神経障害など)や、神経中枢の障害によるしびれ(脳血管障害後遺症など)、手足の血行不良によるしびれ(レイノー病など)などもあります。
 また、冷え症でもしびれを伴うことがありますが、この場合は自律神経系の影響や末梢の血液循環の影響などが絡んでいるものと思われます。
いずれにせよ、しびれは本人の自覚的な感覚症状であり、主観的な要素もかなり含まれます。そのためなかなか原因がつかめないこともあります。
また、ハネムーンまひの治療方法はビタミンB12を摂取する以外にないそうです。
しびれやまひがある場合は、まずは医師の診察を受けましょう。
また、無料で診断できるサイトもあるようです。

降水確率とは?

気象庁は1980年より降水確率予報というのを始めています。しかし、この降水確率、たとえば、「午前6時から正午までの降水確率は50%でしょう。」といった場合、この6時間のうちの半分つまり3時間雨が降るのか、それとも、この時間のうちに、雨が降る、降らないという確立が50%なのか、ほとんどの人は知らないと思います。
さらに、降水確率100%というと、この6時間の間ずっと大雨が降ることと、勘違いしている人もいると言われています。このややこしい降水確率、本当ははどういう意味なのでしょうか。
気象庁に問い合わせてみると、まず上空を1辺30kmの正方形で区分けをして、それら一つひとつをさらに23の断層に分けていき、その小分けしたブロック一つ一つごとに、温度、湿度、気圧、風力を測定し、これらを過去60年間のデータを比較し、そのデータの中にある大気の状態と、同じような状況全てをピックアップし、その後、天候がどうなったかを調べ、例えば過去にその状況が100回ありそのうち30回が雨だったとすれば、降水確率は30%と発表されるのです。
つまり、このややこしい降水確率というものは、過去のデータをもとにした数値で表されるのである。あくまで百回のうち、何回雨が降るかの確率を示すものであり、雨の量や強さ一時的、断続的などといった雨の降り方を示すものではない。
ちなみに東京都における。1年間に1ミリ以上の雨が降る日数は、約100日つまり、年間降水確率は、約28%くらになっています。


ラニーニャ現象とは?

悪名高い「エルニーニョ現象」のことをご存知でしょうか。南米ペルー沖で海水温度が、2〜3度上昇する現象のことです。詳しく言うと、ペルーとエクアドルの国境にある。グアヤキル湾で、北方から暖流が流れ込んでくるため、海水温が上昇しこれらの土地の内陸部で、降雨に恵まれ、そのため農作物が豊富に取れるようになるのです。この現象が、毎年12月ごろに起こるため、クリスマスにちなんでスペイン語の神の子=キリストを意味する言葉のエルニーニョと呼ばれるようになったのです。まさに豊作をもたらしてくれる恵みの雨です。
しかし最近では、東太平洋の赤道付近で、数年に一度異常な海水温の上昇が数年間続く大規模な現象のことを指しています。
この現象により、地球の大気の流れまでもがかわり、世界各国で大雨や大干ばつなどの異常気象を発生させるもとになっています。
そしてこのエルニーニョ現象とは逆に、海水温が異常に下がる現象のことをラニーニャといいます。ラニーニャはスペイン語で、女の子という意味になっています。エルニーニョはキリストの意味で、つまり「男の子」を指しています。このことからいうと、ラニーニャはアンチエルニーニョと呼んでも不思議ではないのですが、さすがにキリスト教徒の反発を買いそうなので、このように命名したと言われています。
どちらにしても、この地球からの12月のプレゼントは、あまりありがたくないプレゼントといえるでしょう。

体温計のメモリは、なぜ42℃までなのか

世の中の体温計を全て探してみても、43℃や44℃の目盛がついたものは一切ありません。これは何故でしょう。
人間が平熱はだいたい36℃ですが、風邪などをひいて、体温が37℃を超えると体がだるくて、疲労を感じてきます。38℃を超えるとほとんどの人はめまいやだるさを感じ、39℃になるとほとんどといっていいほどの人が、起き上がることすらできなくなります。人それぞれの違いはあっても、人間にとっては体温が1度上昇するということは、かなりのダメージを受けることになります。
また、人間が生きていける上限の体温は42℃なのです。よって43℃なると命はありません。
では何故、42℃が生存の限界なのでしょうか。
これはタンパク質の変質ということに関係があります。タンパク質は性質上、42℃で固まってしまいます。当然、42℃の以上の体温になれば人間の体の中にあるたんぱく質も、ゆで卵の様に固まってしまいます。そして一度固まってしまったたんぱく質は再び元の状態に戻ることはありません。これにより、体温計の目盛りは、42℃を上限としているのです。

もしも、エレベーターに乗っているときにワイヤーが切れたら?

ワイヤーの切断などで、何かと話題となっているシンドラー社ですが、もし実際にあなたがエレベーターに乗っている時に、ワイヤーが切断したらどうなのでしょうか。過去にヒットした映画「スピード」に、危機一髪で、ヒロインを助けた瞬間にエレベーターが急速落下していくというものもありました実際にはどうなのでしょう。
ご安心ください。メーカーに問い合わせたところ、「現在のエレベーターは、厳重な安全対策が施されているため、まずこのようなことはあり得ません。」とのこと。
エレベーターのワイヤーは、建築基準法により、カゴの重さ+最大積載量の10倍もの重さに耐えるような設計にしてあるそうです。これだけでも、安全性には十分と思われますがもしも、そのワイヤーが切れたときには・・・・
これも心配はいりません。エレベーターのカゴが、規定の速度の4割を超えると自動的にブレーキがかかります。さらに、このブレーキは、停電にも備えバネで作動するようになっています。
つまり、最大積載量を10倍超えてワイヤーが切れてしまい、しかも同時に停電となってこの世の終わりとも思える状態でも、エレベーターは落ちないようになっています。ご安心ください。

コンセントは、なぜ左側の穴が大きい?

電気コンセントの差し込み口をよく見てみると、左側の方がわずかに大きいことに気がつきます。これはなぜでしょう。
送電線で送られてくる電気は、家庭内に入る直前まで6600ボルトもの高電圧になっており、送電の効率を上げています。しかし、この高電圧では家庭内で使うには大きすぎるので、電柱の上などでよく見かける。柱上変圧器という機械で100ボルトまで下げて、送られてきます。もし、変圧されず、そのまま家庭に電気が送られれば、家電製品の漏電や故障による火事などで、大きな被害が出てしまいます。このようなことを防ぐために、家庭用電線をアースしているのです。アースはそう大きいものではなく、差し込み口を広げるほどのものでもありません。いわば、目印的なものです。これを電力会社などに問い合わせてみると、「昔からの習慣なのでよくわかりません」との回答がかえってきました。最近に、建設されたマンションなどでは、この目印がついていないこともよくありますが、必ずアースはされているので心配はないとのこと。
ご安心ください。

遺灰や遺骨からダイヤモンドが作れる?

アメリカでは、火葬の習慣が広まってきて、火葬された後の遺灰の新しい利用法が注目されているという。それはなんと遺骨からダイヤモンドを作るというものだ。アメリカでの火葬の割合は、現在約25%しかし、この値は2050年頃には、倍以上になると予測されている。ライフジェム・メモリアルズ社は、故人をダイヤモンドに変身させる計画を発表し、かなりの話題を呼んだ。同社によれば、人体には50から100個のダイヤモンドを、生成できる炭素が含まれているという。最近では人間だけでなく、ペットの亡骸をダイヤモンドにさせようとする人もいるそうだ。気になるお値段は、4分の1カラットのダイヤモンドで約4000ドル。ちなみに製造できるダイヤモンドの種類は、ブルーダイヤモンドと呼ばれるもだ。さらにこの会社のすごいところは、万が一の盗難に備え、予備の炭素も保存してくれるそうだ。最近は日本でも、この遺骨ダイヤモンドが注目され始めている。ひょっとして、将来は位牌の代わりに仏壇にダイヤモンドが、まつられるのかも?


Mac(マック)のりんごは誰がかじった?

マッキントッシュ(Macintosh)のトレードマークといえば、りんごです。そして、ウインドウズ(Windows)に押され気味とはいえ一部のフアンでは根強い支持を集めています。
しかしこのおなじみのりんごマーク、アップル社創業当時は違うデザインだったのです。それは何かというと「ニュートンがリンゴの木にもたれかかっている」デザインだったのです。ではなぜこのデザインが、使われなかったのか?答えは簡単であまりにも複雑すぎたため、製品にプリントする時に分かりづらかったのです。そのため、今のレインボーカラーのリンゴマークに変更されました。ただ、このレインボーカラーは、配色は、6色で色の順序も本来の虹とは異なっています。あと、あのワンポイントのリンゴの端が、かじられているのは、英語で、かじる。を意味する。"bite"と、コンピューターの単位である"byte"をかけ合わせているそうです。ちなみに、「一口かじられているデザインにしておけば、トマトと間違えられる心配もない」という、デザイナーのジョークも記録に残っているそうです。

ドラえもんの作り方?

ある地方の言い伝えによると、「猫にアワビを食べさせると耳がもげる」という。これを実際に試した大学の先生がいました。実験してみると、本当に猫の耳は、先端から腐り始め、言い伝えの通りにもげてしまい、ドラえもんの様になりました。なぜ猫の耳がモデルかというと、アワビのはらわたの中にある。フェオフォバイドという物質が原因のようです。これは、アワビが食べた海藻類の未消化物で、葉緑素が分解されてできるものです。この物質はそのままではほとんど無害な物質なのですが、日光に当たると変化し非常に強い毒を生成します。これがもとで、猫の耳の様に、毛が薄く、皮膚も薄い場所ではその影響を受けてしまうのです。人間も同様にこの毒の影響を受けてしまいます。そして、猫と同様に光に当たった皮膚は、ひどい炎症を起こしてしまう場合もあるそうです。ただしこのアワビの毒は、食べてから6時間ぐらいで無害な物質に変化しますので、あまり心配する必要はありません。くれぐれも、これをまねて猫に実験しないでください。

インスタントラーメンは、なぜ3分間待つのか?

ほとんどのインスタントラーメンの待ち時間が3分となっている。しかし技術的には、もっと短くすることも可能である。現にすべてのインスタントラーメンの元祖ともなる1958年に、販売されたチキンラーメンの待ち時間は、2分となっていたのだ。じゃあなぜわざわざ3分にしたのか?
これは、1971年に発売され大ヒットし現在も販売されている「カップヌードル」によるものである。また、この待ち時間の背景には人間心理も考慮されているという。技術的には、1分で食べられるインスタントラーメンを作ることも可能であるが、過去にそのようなラーメンが販売されたが、不評で販売が中止になった。味が悪かったためとされているがどうもそれだけではなく、待ち時間が短いためだったと言われている。3分間という時間は、短すぎる長すぎずさあ食べよう!という気持ちにさせる時間のようだ。ちなみに海外への輸出の製品は、国内向けの麺の長さの40センチに比べて半分の20センチになっている。これは麺の食べ方と箸とフォークの差によるものである。

ヤクルトの量は、どうして65ミリリットル?

ヤクルトの量は、どうして65ミリリットルなのか。これは、ヤクルト本社のこだわりの結果である。ヤクルトの社内基準として、ヤクルト1ml中に、1億個の乳酸菌を入れることが設定されているためである。いろいろな血のにじむような研究の結果、腸内の善玉菌を安定させるには、毎日65億個の乳酸菌を摂取しなければならない。この結過65mlになったのだ。さらに、毎日習慣的に飲むために、一息で飲める量や持ち運びのしやすい量など、様々な試行錯誤を重ねた結果でもあるのだ。現在販売されているヤクルトには、整腸作用のほか、免疫作用も高めるため内容量は65ミリリットルのままだが、乳酸菌の数は150億個に増えている。また独特の容器の形は持ちやすさと、一気に流れないような仕組みにするためである。あの小さなヤクルト1本には数々の研究の成果が詰められているのだ。たまには、ゆっくり味わってみてもいいかも?

大瓶ビールはなぜちゅ〜と半端な633?

ビールの大瓶は、なぜ633mlという中途半端な量なのか。これは1940年に導入された酒税法によるものである。それまでは、ビール醸造会社ごとにみんな違っていたそうだ。しかし、これをきっかけに内容量を一定にしたんだ。その結果、この中途半端な633ってゆう数字になった。しかも、当時のいちばん量の少ない瓶に、量を合わせているのだ。当時の最大量は、643ml、最少量は、633ml、この最も少ない量が、現在まで、踏襲されている。ちなみに、居酒屋などで、瓶ビールを注文すると、ほとんどが、中瓶で500ml入りです。この中瓶は、1957年に、タカラビールが、当時の大瓶より、20円安く販売するために考案したものです。タカラビールは、現在はありませんが、他社によって使われ続け、今や飲み屋での主流のサイズとなっています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。