♥♥♥近親相姦秘密体験告白♥♥♥



電気代を60%も安くする裏技

毎晩残業や接待などで、夜遅くまで働き、午後10時を過ぎるまで仕事をして帰宅する一人暮らしのサラリーマンの方なら、電気料金の格安にする裏技があります。使用していない家電製品のコンセントを抜いて待機電力を節電しようなどというヤワものではありません。
まず、毎月の電気料金表をみて下さい。おそらく、契約は一般的な「従量電灯料金」となっているはずです。この契約を「夜間電力料金」に変えてしまうのです。
なぜなら電力会社は、送電を効率的にするため時間帯によって、電気料金を変えています。「従量電灯料金」は使用する時間帯に、関係なく一定料金となっています。しかし、これを夜間限定の使用の「夜間電力料金」にすれば、格段に電気料金は安くなるのです。
例をあげてみると、東京電力の場合、「おトクなナイト10」というプランがあり、このプランで契約すれば午後10時から、翌朝の8時までの電話料金を、一般的な「従量電灯料金」に比べ、なんと60%も安くすることができるのだ。仮に1カ月の電気代が、1万円ならそこから基本料金を引いた残りの電気代がが、なんと60%引きになるのだ。これならかなりお得になることは間違いない。ただしこの契約で注意しなければならないのは、昼間は40%割高になるので、休日の昼間に電気を使うときには注意しなければならない。
まぁおそらく一人暮らしのサラリーマンなら、休日の昼間は寝ているか、友人と遊びに出るかのどちらかであろうからあまり心配はないかもしれませんが。

住宅ローンのお得な返済方法

住宅ローン控除や住宅ローン減税など、何かと気を使う住宅ローン。それもそのはず、住宅ローンの返済期間は20年30年はざらで、当然住宅ローンの返済期間が長くなるほど、住宅ローンの利息も多くなる。たとえば2500万円を利息3.5%で借り入れ35年の住宅ローンを組んだ場合、住宅ローンの総支払金額は4400万円以上。実に1900万円以上の利息がついてしまう。住宅ローンでお金を借りた以上、利息は仕方がないが実に無駄な出費だ。
どうすれば、この住宅ローンの無駄な出費を抑えられるだろうか?
この住宅ローンの無駄な出費を少しでも抑える方法は、繰り上げ返済である。この繰り上げ返済を使って、住宅ローンにある程度まとまった額を返済すれば、当然住宅ローンの利息も、一気に減らすことができる。
たとえば住宅ローンを借り入れてから1年後に、月々のローンとは別に、100万円を返済した場合、住宅ローンの全返済期間は2年6カ月縮まり、これにより住宅ローンの利息を210万円も減らすことができる。住宅ローンを繰り上げ返済した金額は、、元金返済に充てられるため元金100万円分の利息を払わずに済む。
ただしすべての住宅ローンが繰り上げ返済できるというわけでもない。ゆえに住宅ローンを借りるときには、繰り上げ返済のシステムなどどうなってるかもよくよく検討したほうがよい。
親の遺産や保険の満期、可能性は低いが宝くじで大金を手にした場合などは、住宅ローンの繰り上げ返済に回す方が良い。現在のように低金利な時代では、例えば100万円を銀行に預けたところで、年間の利息はたったの2、3円。それを考えれば住宅ローンの繰り上げ返済で、上記のように住宅ローンを210万円を減らす方が賢いやりかただといえる。

健康保険の賢い使い方

サラリーマンが会社を辞める時、行なわなくてはならない手続きの一つに健康保険がある。すでに転職先が決まっている場合には不要だがそうでない場合には、まず健康保険に加入しなければならない。
というのも、退職と同時に会社の健康保険が使えなくなるからである。このときの選択肢には二つあり、これまで通り会社の健康保険に継続して入ること。もう一つは、国民健康保険に入ることである。いずれも診察料の3割の自己負担になる。さてどちらを選べば良いのだろうか?
まず今までと同様に会社の健康保険に入るとすれば、任意継続被保険者扱いということになり、以前まで払っていた保険料の2倍を納めることになる。というのも今までは会社がその半分を負担し、払ってくれていたためである。しかしそうなると、保険料がかなりの金額になる場合があるので、任意継続被保険者には支払い限度額が設けられている。たとえば40歳未満なら、毎月2万2960円以上の支払いは免除となっている。
次に国民健康保険だが、この場合全国の各市町村でそれぞれの保険料は違う。収入が多い場合は月額3万円以上を収めるケースも出てくる。
いずれにせよ健康保険も、収入があれば保険料の支払いに困ることはないるしかしそうも、いっていられない場合もある。次の就職先がなかなか見つからなかったり、事業を始めるまでの準備期間で収入がないということも。こんな時はどうすればよいのだろうか?
そういった場合には、被保険者の扶養家族になってしまうという方法がある。共稼ぎの家庭なら妻の扶養家族になればよいし、独身なら親の扶養になってしまうのだ。自分の年収が130万円未満であれば、被扶養者として扱われるため、1円も保険料支払うことなく健康保険証を手にすることができる。

クレジットカードの裏技

2006年現在、日本国内におけるクレジットカードの発行枚数は、年間約2億7000万枚と言われており、これを単純計算すると日本国内で、赤ちゃんからお年寄りまで平均2枚以上のクレジットカードを持っているという計算になる。
クレジットカードは、現金を持ち歩かずにすみ、買い物や食事をしても領収書にサインするだけで、お金を支払うことができるため非常に便利である。しかしその反面現金を直接目にしないことから、ついついお金を使い過ぎてしまったり、またカードを紛失したり、最悪の場合は、データをぬきとられるということもある。しかも、年会費がかかるカードを多く持っていれば無駄なお金を使ってしまうことも多い。
このことから、本当に必要なカードだけを残し、後はすべて解約してしまう方が得策である。こうすれば、ほとんど利用しないカードの年会費を無駄に払わずに済むし、使うカードを絞り込めポイントなども貯めることができる。
残すクレジットカードの条件として、まず年会費が無料のカード。次に、日常よく使っているクレジットカードならポイント還元率をチェックすること
このポイント還元率と言うのは、利用金額に対する割戻し率のことであり、このポイント還元率が1%なら、千円で10円分がポイントとして加算されこのポイントがある程度たまってくると、商品券などに交換できる。
たとえばクレジットカードのポイント還元率が、0.2%、年会費無料のクレジットカードと、ポイント還元率が、0.5%。年会費が2000円のクレジットカードを比べると、年間100万円を使った場合、還元率0.2%のクレジットカードだと2000円分が、ポイントとして、加算されるが、0.5%になると5000円分がポイントとして加算される。そこから年会費の2000円を差し引いても、3000円が戻ってくることになる。このことから考えて、一概にクレジットカードの年会費がかかるといっても、利用金額によってはお得になる場合もある。
つまりクレジットカードは、その内容をよく知り上手にポイントなどを止めるのが賢い選び方といえる。

動物病院の診察料の違い?

毎晩遅くまで仕事をし、へとへとになって疲れて帰って来たとき、妻や子供はぐっすり寝てても必ずといっていいほど玄関まで嬉しそうな顔してしっぽを振って出迎えてくれる愛犬がもし、何かの弾みでけがをしてしまったら慌てて近くの動物病院に運んでいくのは当然だろう。
しかしこの動物病院、よくよく調べてから診察を受けないと、非常に高額な診療代を請求されることもある。
日本獣医師会に問い合わせてみると、全国の動物病院の手術料は1万円未満から10万円程度と、相当の開きがある。注射の料金も1回500円未満から4000円までと大きく差がある。さらに入院料も同じように、1日1000円未満から、8000円以上とこれまた大きく差がある。このことから、仮に愛犬が手術を受けて1週間ほど入院した場合、治療によっては十数万円請求されてしまうこともある。
ではなぜ、診療料金にこれほどの大きなさが出るのだろうか。
その理由の一つとして、独占禁止法で、診療費を全国統一の料金にすることを禁じられていることがあげられる。簡単に言えば、獣医は人間の医師と違い診察料を自由に設定できるということである。
しかしそれにしても、診察料金は病院によって大きすぎる。また、腕のいい獣医よほど高価格に設定しているのではないかと思うかも。しかし実際は、高額な診療料金の中には、医療設備に投資している費用も入っているのだ。
実際、最近の動物病院を見てみると、レントゲンやCTスキャナー、エコーなど高額の設備が整っている。つまり、設備が充実しているため、愛犬などが手の込んだ診察を受けられるのは間違いない。しかしその反面、最新の医療機器をフル活用することにより、過剰に診察料を払わなければならないこともある。
このようなことを防ぐためにも、事前に口コミやペットショップなどに紹介してもらうなどよくよく検討しておくのがよさそうである。

携帯電話の料金プランの選び方

最近の携帯電話の技術革新にはめざましいものがある。自動販売機で、缶ジュースが買えたり、定期券の代わりに電車に乗ったり、実にさまざまな機能が付加されている。また最近では、地上波デジタルに対応して、テレビやラジオなども見たり聞いたりできるようになっている。さらには、番号ポータビリティー制度により、加入している電話会社を変更しても、自分の電話番号を変えずに済むようにもなっている。こうなってくると、携帯電話を新機種に買い替え、さらに利用料金が1番安い会社と契約したくなってくるのは当然である。しかし、この携帯電話の利用料金には様々なプランがあり、どの会社のどのプランが1番安いのかが非常に分かりづらい。ではどうすればいいのだろうか。
この問題を解決するには、まず自分がどのように携帯電話を利用しているかを知ることが大事だ。たとえば特定の相手との通話のみの場合、通話料金を低額で固定できるサービスを選べばよい。また、家族に電話することが多ければ、家族割引を利用すればよいのだ。どの会社も基本使用料には大した差がない。よって自分の使用状況に応じた料金プランを選べば、月額で数千円近くの節約をすることもできる。また毎月送られてくる利用明細書などを見てみると、思いのほかパケット料金がかかっていたり、無料通話分が使いきれていなかったりすることもある。
これらをよく調べてみて、現在の料金プランと比べ、よく見直せばかなりの節約ができるはずだ。
携帯電話は、自分のライフスタイルにあった料金プランを選ぶのが、節約につながる一番の方法である。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。